品質向上にロードセルの採用

数値管理を考えているときにはロードセルが最適

製品のブレで困っているときにはロードセル

いつも同じ製品を作る必要がある時代です

世の中の科学技術が発達してきて、多くの分野で科学的のアプローチがなされる傾向にありますが、身近な食品を扱っている業界では、まだまだ昔ながらの手法が用いられている場合が少なくありません。特に職人の仕事とされているような業界では、経験と勘に頼って作業が行われている傾向にあり、現在の科学技術との融合の推進が課題となってきています。実際に現在の消費者を満足させる必要がある市場では、いつも同じ状態の商品を安定的に作る必要があるのが現状であります。特に、全国的にチェーン化が進んでいる小売市場では、どこに行っても同じ商品が手に入ることを求められることから、効率よく、同一規格の製品を作る必要があるのです。

人手不足に対応した生産ラインを構築

常に一定量の生産を確実に行っていくためには、それに応じた製造技術を身につける必要がありますが、現在のような人手不足の時代には、機械で行うことができる作業については、積極的に導入し、生産性の向上を考える必要があります。経験を技術で行うための一つとしては、経験を数値に置き換えることができる場合、積極的に採用することです。その方法として、ロードセルを導入し、重量の数値のコントロールをしていく手法があります。ロードセルは、その感知技術を使うことで、信号を数値に変えることができるため、大きな釜にセッティングすることで、工程ごとに常に重量を把握することができるのです。

原材料の添加ミスと適切なタイミングをコントロール

これまでは、見た目や触った感覚で行っていた基準をロードセルを使った重量の数値化して落とし込み、重量を表示することで、作業目安にすることができるのです。全体量をつかむことができることはもちろん、原料投入の合図を知らせてくれるようなシステムを組むことも可能です。作業者はあらかじめ決められたプログラムに従って、確実に作業を行っていけば、これまでの経験などに関わらず、毎回、適切な製品に仕上げていくことができるようになります。途中で原料の添加ミスなどがあれば、その重量の変化から異常を感知することができるだけではなく、熱源と兼ね合いを確認することで、他の機器の異常がないかも確認することができます。さらに、なかなか数値化できない口当たり、風味などといった要素をできる限り正確に再現性を持たせるためには、現状ではこの方法が最適と言われています。また、このロードセルの導入は業界大手のバイヤーに対しても、アピールすることができ、大口に受注へのアドバンテージにも充分なりえます。

人気記事ランキング