トップ

葬儀についての知識を身に付ける

葬儀について調べる

供物

知っておきたい葬儀と香典の知識

お祝いと違って、葬儀は急なものです。昔は物知りなお年寄りがご近所にいて、その方に聞けば済んだのですがご近所づきあいの希薄な近頃はそうもいきませんので、予め葬儀についてよく調べて知っておくことが重要です。最も困るのが香典ではないでしょうか。仏教の場合、四十九日までは仏ではないのでご香典と書くのは失礼に当たります。御霊前と書けばあらゆる宗派に対応します。書き方は宗教によっても異なります。キリスト教の場合は御花料、神道の場合は御霊前でもよいのですが玉串料、御榊料、御神饌料とも書きます。また、キリスト教の場合は仏式ほどお金を包まないのも特徴ですのでご注意ください。

香典の不祝儀袋の表書きの書き方

葬儀の際に香典を包む不祝儀袋の表書きは、どの宗教形式にのっとって行うかによって様々変わってきます。仏教式であれば、御霊前、御香典もしくは御仏前とするのが表書きの正式な書き方です。また、表書きは涙で墨も薄れるといった意味合いから、薄墨を使って書く、というのが葬儀の古くからのしきたりとなっています。それから、仏教式の中でも浄土真宗では人は亡くなったら霊になるという考え方を認めていないので、御霊前という言葉は使ってはいけません。これはキリスト教のプロテスタントについても同様のことが言えますので要注意です。

葬儀に関する知識情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀についての知識を身に付ける. All rights reserved.